CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
にきび痕の治療
今現在、進行中のにきびに悩んでいる人もいれば、昔にきびができていたときにつぶしてしまった、自己流のケアをしていたためににきび痕が残ってしまって悩んでいる人もいることでしょう。
とくににきび痕には、茶色く色素沈着してしみになっている場合、皮膚が陥没している場合(にきび瘢痕と言う)、毛細血管が拡張状態などがあり、悩みも深いようです。

色素沈着によるしみなら、ケミカルピーリングやレーザー治療で目立たなくなることもあります。
ある種のフラッシュランプによる光を皮膚に当てることで、血管が壊されて赤みがとれる治療法もあるようです。
にきび瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法があります。
にきび瘢痕の中でも浅い陥没の場合は、グリコール酸ピーリングを行なうことでその陥没の段差が少なくなって目立たなくなることもあります。
深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるようです。
またにきび瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような状態の場合は、外科的に切って縫い合わせる方法やステロイド薬を局所注射する方法が行なわれることもあります。

これらのにきび痕の治療はほとんどが保険が適用されず実費治療となります。
また特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進めなくてはなりません。
いずれにしても、にきび瘢痕を治すのは大変な治療となります。
できるだけにきび痕を残さないよう、にきびが軽症のうちに正しい治療を行なって完治させることが重要です。
| にきび跡 治療法 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
にきび跡(痕)のレーザー治療
レーザー治療によりにきびの炎症は沈静化するのに対し、にきび跡(痕)は基本的に自然治癒力がありませんので、レーザー治療により色素沈着によるシミやくすみ、そばかすなどの色素を柔らげる効果があります。
| にきび跡 治療法 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび跡(痕)の治療方法
にきび跡(痕)の場合、にきびの治療とは違いコラーゲンの生成を促し肌のターンオーバーを正常化することによる肌再生を目的とした治療は意味がありません。なぜならば、にきび跡(痕)は、にきびの悪化により広がった毛穴内の炎症が真皮にあるコラーゲンや皮下組織を破壊した結果だからなのです。コラーゲンやエラスチン繊維が破壊されているということは自然と肌が蘇ることが不可能であることを意味します。

したがって、にきび跡(痕)は、物理的ににきび跡(痕)の下から盛り上げる治療を行うのです。にきび跡(痕)の治療には、ヒアルロン酸注射やコラーゲン注入が効果的です。一度、にきび跡(痕)部分の皮下組織が壊滅していますので完全に元どおりになることは難しくとも目立たなくすることは可能ですし、コラーゲンやヒアルロン酸を肌に直接注入するので、患部周辺を含めお肌全体がハリがあり瑞々しい肌を作り上げます。
| にきび跡 治療法 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
にきび跡の治療法について
にきび跡の治療法において、最もやっかいなのが、クレーターというにきび跡になります。クレーターは、にきび(ニキビ)の症状の中でも最悪なケースになります。

発生したにきび(ニキビ)を悪化させてしまうと、にきび跡(クレーター)になってしまうので、日頃からのケアが大事なのです。しかし、それでも、にきび跡(クレーター)になってしまったなら、どうすればよいのでしょうか?

残念なことに現代の医学では完全に、にきび跡(クレーター)を治療して、まっさらなお肌の状態に戻すことはかなり難しいのが現状なのです。

しかし、ちょっと見では分からない程度にまで、にきび跡(クレーター)を治療することはできるようです。

具体的には皮膚科や美容外科などで、専門の治療を受けることになるのですが、主な治療法としては、

レーザー治療

ケミカルピーリング

ビタミンC誘導体

などがあります。
| にきび跡 治療法 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
ケミカルピーリング
にきび跡の治療の方法に、ケミカルピーリングという治療法が、
美容外科などの専門機関において存在します。

このケミカルピーリングというのは、化学物質によってお肌の角質層を削り取る治療の方法で、にきび跡(クレーター)を目立たなくする効果があるというものです。

ケミカルピーリングは角質細胞を削り取るので、お肌のターンオーバーを促し、色素沈着や肌の赤みを取り除くことと、コラーゲンを促成させ、にきび跡(クレーター)を修復させる働きがあるそうです。

注意点としては、市販されている、家庭用のケミカルピーリング
石けんなどもありますが、できればしっかりとした医療機関で治療してもらうのが良いでしょう。

何故ならば、角質層を削り取ると保湿力が低下して、紫外線に対して弱くなる可能性があるからです。特にお肌の弱い方などは、注意する必要がありそうです。
| にきび跡 治療法 | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ビタミンC誘導体
にきび跡の治療に対して効果があるとされているものに、ビタミンC誘導体があります。

ビタミンC誘導体は、にきび跡の部位に塗ることによって、皮膚の上からビタミンCを作用させるもので、色素沈着のにきび跡に効果があります。

また、ビタミンC誘導体はコラーゲンを生成する働きがありますので、凹凸になってしまったにきび跡(クレーター)にも効果があるといわれています。

現在は市販の化粧品やドクターズコスメなどで、ビタミンC誘導体を含んだローションを手軽に試すことができるので、にきび跡(クレーター)で悩んでいる方は一度試してみるのも良いでしょう。
| にきび跡 治療法 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
レーザー治療
にきび跡の治療の方法に、レーザー治療というものが美容外科などでは取り入れられています。

このレーザー治療は、にきび(ニキビ)やにきび跡(クレーター)に効果が期待できる治療の方法として注目されています。

このレーザー治療は、いろいろな種類のあるレーザーの中から、その人の症状にあわせて、レーザーを照射することによって、色素沈着や肌の赤みなど、ほとんどのにきび(ニキビ)の症例に対応している、にきびの治療法とされています。

にきび跡(クレーター)に関して、にきびの部位へのレーザー照射で、肌内部からのコラーゲン生成を活性化、肌の再生を促進させ、
傷やへこみを収縮させることで、にきび跡(クレーター)を緩和させることできます。

にきび跡(クレーター)の治療にも、効果が期待できるといわれているこのレーザー治療は立派な医療なので、もし、レーザー治療を受ける場合には、専門医にしっかりとカウンセリング受けて、自分自身でレーザー治療というものを正しく理解する必要があるでしょう。
| にきび跡 治療法 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(8) | - | - |