CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
クレーター状のにきび痕
顔の目立つ部分にできたにきびと同じくらい、もしかしたらそれ以上にに深刻な悩みとなりうるにきび痕。
にきび痕には皮膚表面がぼこぼことしたオレンジのような肌や、茶色く色素沈着してしまった肌、またクレーター状に陥没してしまった肌などがあります。
どれもにきびができた段階で処置をせず放っておいたか、間違ったセルフケアを続けてしまった場合にできることが多いようです。

中でもクレーター状のにきび痕は、にきびを自分でつぶしてしまったときにできやすいパターンです。
鏡をのぞいた時に赤くふくらんだにきびを発見、ついつい自分でつぶして芯のようなアブラを出し、何となくスッキリした気分になったことがある人もいると思います。
しかしこれが後々深刻なにきび痕を残す原因になってしまうのです。

赤にきびができると、にきびの炎症のせいで周囲の組織が破壊され、溶かされて、皮膚がくり抜いたように陥没ができます。
つまり赤にきびは、できただけでクレーター状のにきび痕を作ってしまう可能性があるということなのです。
さらにここで自分でにきびをつぶすような刺激を与えると、にきびにたまった酸化物質が外に出ないで組織内に広がってしまい、ますます炎症を悪化させ真皮までへこんでしまいます。

にきびが赤く炎症を起こしてしまったら、自分であれこれケアするよりも、皮膚科を受診して治療を行なうのが安全で効果的です。
にきびの状態であれば治療法も選べますが、へこんだにきび痕になってしまうと完全に平らに戻すのは大変難しいのです。
| にきび跡について | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび痕について
みかんの皮のようにデコボコした肌、月面のクレーターのような大きなくぼみができてしまった肌、こんなにきび痕に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
にきびが悪化し炎症を起こしたあと、破裂して膿が出て、上手くいけばきれいになおりますが、下手をするとにきび痕となって残ってしまいます。

にきび痕とは、どのようにしてできるのでしょうか。
人間の皮膚は、傷ができても数日で治ってしまうように自分で治す力を持っています。
そのとき固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治してくれます。
毛穴にも同じことが起きていて、にきびが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まってきて開いた毛穴がそのまま固まってしまったのがにきび痕となります。
小さなにきび痕は単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまったく違うものです。
毛穴の開きならキュッと治すことができますが、にきび痕はそういうわけにはいきません。

しかし、にきび痕は赤ちゃんの肌のようにすべすべに治すことは不可能ですが、お金と時間をかけて徐々になめらかにする方法もあります。
ピーリングは、続けることで肌のデコボコがサイズダウンしてきますが、肌への刺激が強く危険が伴うので、必ずプロに施術してもらってください。
美容皮膚科での治療には、ダイアモンド粒子を肌に吹き付けて研磨しデコボコをなくすダイアモンドピーリングや、毛穴にコラーゲンなどを注入して見た目に肌を平らにする方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがあります。
こうした皮膚科での治療も、厳しい目で施術者を選ぶ必要があります。
大切な肌を託すわけですから、信頼のおけるドクターにお願いしたいものですね。
| にきび跡について | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび跡とは
にきび跡とは、にきびの炎症等により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊された事により再生機能を失った皮膚を指します。このにきび跡が集合体になるとクレーターと呼ばれまるでみかんの皮のような凸凹が肌を被い多くの人を悩ませるのです。

にきび跡は、にきび炎症による皮下組織破壊の結果ですから自然とは元も瑞々しい肌へは再生しません。10代の頃軽く考えてにきびを潰したり、傷つけたりすると取り返しのつかない事になりますので注意しなければなりません。ちなみににきび跡は、にきび痕とも呼びます。

にきび跡とは、にきびができた後に、赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターのようになってしまう状態のことです。この赤みやクレーターは改善するのに時間がかかったり、一生跡が残ってしまうので、にきびで悩む方の一番の悩みの種になっています。

にきび跡は、にきびを引っかいたり、つぶしたりして悪化させ、跡が残ってしまうというケースが多くを占めます。顔にできた「にきび」はどうしても気になって、触ってしまいがちですが、正しい「にきびのスキンケア」を行って、にきび跡にならないようにすることが大切です。
| にきび跡について | 20:00 | comments(2) | trackbacks(4) | - | - |
にきび痕とは
にきび痕とは、にきびの炎症等により真皮や皮下組織にあるコラーゲン等が破壊された事により再生機能を失った皮膚を指します。にきび跡と同じです。このにきび痕が集合体になるとクレーターと呼ばれまるでみかんの皮のような凸凹が肌を被い多くの人を悩ませるのです。

にきび痕もにきび炎症による皮下組織破壊の結果ですから自然とは元も瑞々しい肌へは再生しません。にきびを軽く考えて潰したり、傷つけたりすると取り返しのつかない事になりますので注意しなければなりません。
| にきび跡について | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび跡(クレーター)
にきび跡(クレーター)とは、発生したにきび(ニキビ)が一通りおさまった後に肌に残る傷痕、色素沈着や凸凹などのことです。

ここでは特に、クレーターと呼ばれる凸凹について解説していきます。

にきび跡(クレーター)のできる原因は、できてしまったにきび(ニキビ)の度合いが深く関わり、にきび(ニキビ)の炎症や化膿がひどい場合、再生能力の高い角質層よりも下の「真皮」と呼ばれる肌の形を保持する役割をもっている部分にまでダメージを与えてしまったことによって発生してしまいます。

にきび跡(クレーター)がいったんできてしまうと自然回復や、化粧品でケアすることは非常に難しく、一生残る場合もありますので常日頃から、にきび(ニキビ)跡にならないyちにしっかりと予防しておきましょう。
| にきび跡について | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |