CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
「にきび」と食生活
にきびの予防、にきびの治療にはビタミンB類をしっかりと摂ることが大事です。

ビタミンB6は皮膚の健康を保つビタミンで、皮膚の抵抗力を強めて、にきびを予防します。レバー、豆類、穀類、いわし、さば、まぐろ、卵、鶏肉などに含まれています。

ビタミンB2は成長の促進、アミノ酸・脂質・炭水化物の代謝に必要なビタミンです。レバー、酵母、牛乳、ほうれん草、さば、焼き海苔、干ししいたけ、ワカメ、卵などに含まれています。

これらは、バランスの良い食事でとるのが理想的ですが、難しいようであれば、サプリメントで補給しましょう。

そして、にきびの予防、にきびの治療のためには甘い物、油っぽい物、香辛料のきつい刺激物などは極力避けましょう。
しかし、ストレスになるほど我慢しないでください。食べ過ぎないように気を付けていれば充分です。
| にきび 食事 | 10:41 | comments(2) | trackbacks(22) | - | - |
にきび対策にはバランスのよい食事が大切
 にきびのストレスから、暴飲、暴食をくり返していませんか。あなたはそんな食生活を過ごしていないでしょうか?
 暴飲、暴食は胃腸の働きを低下させてにきびを悪化させる原因になってしまいます。では、どうして胃腸の調子が良くないとにきびができやすいのか。それには以下のような理由が挙げられます。

ひとつは、胃腸の働きが低下するとお肌の再生に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養素がうまく体に吸収されないからです。いくら正しいスキンケアでお肌を一時的に癒したとしても、お肌の再生に必要な栄養素が不足していては、にきびに負けない元気肌を作り上げることはできません。

もうひとつは、食物に含まれる毒素や腸内細菌(悪玉菌のこと)が吐き出す毒素を体の中に取り込みやすくなるからです。胃腸が正常に機能していれば毒素は見分けられて体の中に入ってはきません。体の中に取り込まれた毒素はお肌から排出されるため、にきびやその他のお肌のトラブルの原因になってしまいます。

 胃腸の調子を整えてにきびを治すための食事法として、バランスのよい食事が大切です。良質な食材をバランス良く、腹八分目で、しっかりと噛んで摂取するのがにきびにはよいのです。

 腹八分目の分量を良く噛んで食べることで、胃腸への負担をできるだけ少なくし、胃腸の分解と吸収能力を最大限に引き出すことができます。
| にきび 食事 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |