CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
<< 過剰な皮脂分泌を抑制して、にきび予防 | main | コラーゲンの生成を促進して、にきび予防 >>
男性ホルモンの分泌を抑制して、にきび予防
にきびの原因となる過剰な皮脂分泌は、男性ホルモンの影響が強いと考えられています。したがって男性ホルモンの分泌を副作用なく抑制できれば、にきびも比較的簡単に治療できると考えられますが、想像以上に難しいことで、ホルモンの分泌をコントロールすること自体が、安全とも言えないので問題もあります。

女性の体からも男性ホルモンはつくられており、卵巣の男性ホルモンの分泌を抑制する薬剤としては、女性ホルモンと黄体ホルモンの合剤(いわゆるピル)があり、GnRHというホルモンもあります。副腎からの男性ホルモン分泌抑制には副腎ステロイドホルモンを使用します。また、コレステロールなどを多く摂取すると男性ホルモンの分泌を促進するようですので摂取を抑えるようにしましょう。
| にきび 予防 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |









http://nikibi.happy-success7.com/trackback/383807
女性特有の病気とは?
女性には女性特有の病気が多くある。 これは、女性ホルモンが免疫力にかかわっていることによると考えられている。また、更年期には女性ホルモン分泌が急激に減り、骨粗鬆症のリスクが増大する。甲状腺疾患も女性の方が多い。乳腺疾患も女性は、男性に比べはるかに多
| 女性の健康研究所 美と健康を守ります! | 2007/04/17 9:56 AM |
女性の病気
女性には女性特有の病気が多くある。これは、女性ホルモンが免疫力にかかわっていることによると考えられている。また、更年期には女性ホルモン分泌が急激に減り、骨粗鬆症のリスクが増大する。甲状腺疾患も女性の方が多い。乳腺疾患も女性は、男性に比べはるかに多い。
| 女性の病気研究所 美と健康を守ります! | 2007/04/02 11:30 AM |
女性ホルモンは健康維持ホルモン
ちょっと前から注目されているメタボリックシンドローム。ぽっこりおなか、気になりますよね。生活習慣病のもっとも大きな原因です。内臓脂肪の蓄積が様々な病気の引き金となるわけですね。ところが、中年に差しかかったころ、同年代の男性に比べて乳酸値やコレステロー
| 未病改善プロジェクト!あなたも未病状態? | 2007/03/26 9:36 AM |