CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
<< 「にきび」と食生活 | main | ビタミンB2、B6 とにきびの関係 >>
ビタミンB2(リボフラビン)、B6(ピリドキシン)
サプリメントとして摂取する「ビタミン」と「にきび」の関係はどうなっているのでしょうか。
皮膚の大事な機能の1つに、外界からの紫外線や細菌・バクテリア・化学物質などをはねつける働きがあります。角質細胞上を薄く覆っている脂膜が肌の状態を弱酸性に保って、それら外敵に対して第一の重要なバリアーとなって進入を防いでいます。さらには、無害化する働きもあって、きれいな皮膚を保ちます。その正常な皮膚状態を維持するには、皮膚のターンオーバー(細胞再生)がしっかりと行われることが必要なのです。

平均でほぼ2週間かけて行われるターンオーバーという皮膚の働きについて述べると、表皮の一番下にある基底細胞が細胞分裂して新しくできた表皮細胞は、だんだんと皮膚表面に向かって押し上げられ、最後に細胞核が消滅しケラチンと呼ばれるタンパク質、角質層となります。その後、約2週間後に角質層は、新たにできた表皮細胞によって押し上げられて、表皮にとどまっていることができなくなります。役目を終えた角質層は、垢となってはがれ落ちます。
皮膚では、このターンオーバーが繰り返されていることで、正常にその機能を発揮します。また、体の筋肉や皮膚などの組織を作るもとはタンパク質です。食事で体内に取り入れたタンパク質は、そのままの形では人間のタンパク質とはなりません。一度、胃酸や各種消化酵素によってアミノ酸というものにバラバラに分解されて、そのあとで、人間の体の構築に必要となるタンパク質(筋肉・皮膚など)へと再合成されています。したがって、アミノ酸やビタミン類をサプリメントとしてとることも効果的であるのです。
| にきび サプリメント | 22:22 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









http://nikibi.happy-success7.com/trackback/386797
にきび跡に効果のあるサプリメントで美肌
★にきび跡に効果のあるサプリメントと食べ物★ 【ビタミンA】髪、皮膚、粘膜を保護する働きがあるそうです。食べ物では、かぼちゃ・ほうれん草・にんじん・うなぎなど。ただしビタミンAは摂りすぎますと、疲労感・頭痛などが起こりますので1日...
| 美容コスメ-目力メイク-眉マスカラ-美容液-エクステ情報サロン | 2007/04/01 5:01 PM |