CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
<< ビタミンB2(リボフラビン)、B6(ピリドキシン) | main | ビタミンAと「にきび」の関係 >>
ビタミンB2、B6 とにきびの関係
ビタミンB2、B6は皮膚ビタミンとも言われ、にきび肌には非常に効果的なサプリメントです。

ビタミンB2、B6 は健康な皮膚・髪・爪をつくり、細胞の再生やエネルギーの代謝を促進する栄養素です。
ビタミンB2は、食事で摂取した脂質が体内で代謝されエネルギー源となるために重要な役割をもっています。ビタミンB2不足になると、脂質の代謝がうまくいかなくなります。皮膚では、皮脂分泌のコントロールに異常をきたして、皮膚表面を弱酸性に保つ力を低下させます。そうすると、細菌に対する抵抗力も低下して「にきび」ができやすくなります。

 身体の構築に必要となるタンパク質の合成に、必要なアミノ酸が足りなかった時、別のアミノ酸をピンチヒッターとしてつかえるように作り替えてしまうすごい仕組みを体は備えています。アミノ酸の変換に不可欠である補酵素のはたらきを助けるのがビタミンB6 なのです。そのため、ビタミンB6が不足するとタンパク質が十分に再合成できなくなります。つまり、正常なターンオーバーに支障が出てきてしまいます。ビタミンB6で乱れたターンオーバーを整え古い角質を取り除くことによって毛穴の目詰まりを解消します。また、興奮状態にある神経を落ち着かせるようにするはたらきをもつ神経伝達物質や皮膚バリアーを維持する免疫力(免疫グロブリン)の合成にも、ビタミン B6 が必要です。神経が高ぶって、寝付きが悪く快適な睡眠が得られなければ、「にきび」は当然できやすくなったり、悪化したりします。ビタミンB2、B6をしっかり補給して、きれいな素肌を手に入れましょう。
| にきび サプリメント | 22:26 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://nikibi.happy-success7.com/trackback/386803
ダイエットに必要な栄養素・ダイエット食品☆ダイエット食品紹介パーティー〔ダイエット食品☆〕
本当の意味での満腹感」を得られにくい「インスタント食品・レトルト食品・お菓子」などに対し、ドカ食いにならず、満腹感の持続も正常になる食事とは、いったいどのようなものなのか、気になりますよね。たんぱく質・炭水化物・脂質ビタミン・ミ...
| ダイエット食品☆ダイエット食品紹介パーティー〔ダイエット食品☆〕 | 2007/03/25 3:21 AM |
背中のにきび
背中にできるにきびで困っています。自分なりにビタミン剤を飲んだり、化粧水をつけたりと頑張ってはいるものの、赤いブツブツが増え続け、それが跡となって残っていきます。以前に皮膚科で塗り薬をもらいましたが、効果があるのかないのか・・・。漢方薬を飲んだらよく
| 背中にきびの治療 | 2007/03/22 11:14 AM |