CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
<< 手作りのにきび薬 ハトムギ編 | main | にきびにとってのタブー >>
手作りのにきび薬 はちみつ編
はちみつはただ甘いだけの食べ物ではなく、健康増進に役立つ食べ物であることは多くの人が知っていることでしょう。
はちみつの構成成分のほとんどがブドウ糖と果糖ですが、その他にタンパク質や乳糖、リンゴ酸、ビタミンB群、カルシウム、パントテン酸など、さまざまなビタミンとミネラルも含まれています。

よく唇が荒れたときにはちみつを塗ると効く、と言われますが、これはビタミンB6とナイアシンの働きによるものです。
唇だけでなく、肌荒れにも効果があります。
またはちみつには殺菌力もあるので、にきびにも効果が見られます。

ここではちみつ軟膏の作り方を紹介します。
用意するものは、はちみつ20gと亜鉛華末1gです。
亜鉛華末は酸化亜鉛の粉末で、薬局で買うことができます。
また分量は、はちみつと亜鉛華末を20:1の割合で混ぜればよいので、たくさん作ってもよいでしょう。
作り方は、はちみつに亜鉛華末を加えて、均一に混ざるようにていねいに練り合わせます。
作り置きする場合は、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。

このはちみつ軟膏をにきびや切り傷などの患部に塗ります。
肌が弱い人は、ガーゼの上から塗るとよいでしょう。
べたべたするので、塗った上から絆創膏などを貼るとよいかと思います。
この軟膏は、かさぶたに塗っても早くきれいに治す効果があります。

ちなみに、はちみつは白く濁るものほど純粋で、混ぜ物が入っていると結晶化しにくいため濁りません。
にきび薬を手作りする際は、ぜひ純粋なはちみつで作ってください。
| にきび 治療薬 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://nikibi.happy-success7.com/trackback/725343