CATEGORIES
にきびを治す
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

にきびを治そう!にきび対策とスキンケア

にきびを治そう!にきび対策とスキンケアでは、にきびの治療、にきび跡の治療を考えるブログです。にきびの原因、治療、対策、にきび跡の原因、治療、対策、また大人にきびや、背中にきびに関する情報も発信します。
ストレスマネージメント
大人のにきびには、毛穴の詰まり以外にもさまざまな原因が考えられますが、アドレナリンの急上昇により男性ホルモンのアンドロゲンが過剰分泌となり肌がオイリーに傾くことでできる、いわゆるストレス性のにきびが多くあります。
アドレナリンは精神的や身体的に興奮状態になったときに急上昇するホルモンの一種です。
現代の働く女性には、上司との遣り合いや部下への指導、次々にかかってくる電話に食事の時間もままならず…と、アドレナリンが大放出しっぱなしという働き方をしている人が増えています。
それに加え疲れによって免疫力が低下していたり、ターンオーバーが乱れて毛穴が詰まりやすくなっていることも大人にきびができるきっかけになっています。

大人にきびを作らないためには、これらストレスをためず、上手に発散させる術を身に付けなければいけません。
ストレスマネージメントは、大人にきびを予防するため、また進行させないための心得として外せないものです。

現代ではストレスを避けて生活することはまず不可能でしょう。
避けられないのならば、うまく自分で解消していく工夫をしていくべきだと思います。
まず生活習慣ですが、質の良い眠りにつくこと。
時間は短くても、とにかく深く眠ることです。
そして適度な運動を生活の中に取り入れること。
深く眠るためにも、運動でからだを適度に疲れさせておきたいものです。
からだを動かしていないと、いつまでも眠くならず気がめいってストレスになることもあります。
生活の中の工夫として、アロマテラピーなど香りを取り入れることをおすすめします。
部屋に香りをたいたり、入浴時に好きなアロマオイルをたらしてみるのもよいでしょう。
香りによって気持ちが癒されます。

ストレスマネージメントによって、自分の力でにきび体質を改善していこうとする気持ちを大切にしてください。
| にきび ストレス | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび予防の実践
にきびを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質を保つことです。
にきび体質を改善していくには、食事や生活リズムなどの生活習慣を変えていく必要もあります。

まず食事についてですが、糖分を減らすことに気を配ってください。
糖分は、その分解のために大量のビタミンB群を必要とします。
ビタミンB群は皮脂を分解するのに必要なため、ビタミンB群が消費され不足すると、皮脂が十分に分解されず肌がオイリーに傾いてしまい、にきびができやすくなります。
糖分より油分を気にして油抜きの食事をする人もいますが、食事で摂る油分はにきびに影響を与えることはほとんどないと言われます。
チョコレートやピーナッツなども、それを食べたからにきびができる、という確実な報告はされていないようです。
しかし人それぞれ体質も違いますので「これを食べるとにきびができる」と自分で感じているものは、控えたほうがよいでしょう。

次に水分についてですが、よくダイエットや美肌目的で一日に2リットルも3リットルも飲む人がいますが、やはり飲みすぎはよくないでしょう。
排出できなかった分がむくみとなってからだに残ってしまいます。
むくみは見た目にももちろん悪いのですが、水分過剰になって免疫力が低下し、細菌感染しやすくなります。
にきびもアクネ菌などの細菌感染であるため、当然むくみはにきびにも悪影響です。
すっきりと排出できる量の水分を補給しましょう。

サプリメントは、食事で完璧な栄養が摂れないなら積極的に利用してよいでしょう。
にきび対策として必要なのは「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンC」、抗酸化作用とエネルギー補給のための「コエンザイムQ10」「αリポ酸」「ビタミンE」などです。
| にきび 予防 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきびにとってのタブー
たばこが健康に被害を与えることは、ほとんどの人が承知していることですね。
喫煙者本人にとっても、周囲でその煙を吸ってしまう人にとっても、悪いことばかりです。

にきびについても、同じです。
たばこが肌に悪影響を与えることは想像がつくかもしれませんが、にきびにとっても大きなダメージを与えます。
たばこを吸っていると、ニコチンの作用によって大量のビタミンCが消費されます。
ビタミンCには抗炎症作用があるため、これが不足するとからだの各部で起きている炎症が抑えられなくなります。
にきびも毛穴が起こしている炎症なので、ビタミンCが不足しているとその炎症を抑えるための手助けができなくなってしまいます。
またビタミンCは、古くなってつかいものにならなくなったコラーゲンを新しいものに置き換える役割も持っています。
そのためビタミンCが不足するとしわやたるみがあらわれたり、毛穴の引き締め力が落ちてしまうこともあります。

たばこは末梢血管にも影響を与え収縮させてしまいます。
すると血行が悪くなり、毛穴を硬直させてしまったり、にきびの回復力も落としてしまいます。
たばこはまさに「百害あって一利なし」なのです。

命にかかわる重大な病気をしてお医者さんに指示されてから初めて禁煙を試みる人もいると思いますが、にきびくらいならいいじゃないと思わずに、予防医学のためにも今ある健康を維持するためにも、たばこは吸わないに越したことはありません。
| にきび 原因 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手作りのにきび薬 はちみつ編
はちみつはただ甘いだけの食べ物ではなく、健康増進に役立つ食べ物であることは多くの人が知っていることでしょう。
はちみつの構成成分のほとんどがブドウ糖と果糖ですが、その他にタンパク質や乳糖、リンゴ酸、ビタミンB群、カルシウム、パントテン酸など、さまざまなビタミンとミネラルも含まれています。

よく唇が荒れたときにはちみつを塗ると効く、と言われますが、これはビタミンB6とナイアシンの働きによるものです。
唇だけでなく、肌荒れにも効果があります。
またはちみつには殺菌力もあるので、にきびにも効果が見られます。

ここではちみつ軟膏の作り方を紹介します。
用意するものは、はちみつ20gと亜鉛華末1gです。
亜鉛華末は酸化亜鉛の粉末で、薬局で買うことができます。
また分量は、はちみつと亜鉛華末を20:1の割合で混ぜればよいので、たくさん作ってもよいでしょう。
作り方は、はちみつに亜鉛華末を加えて、均一に混ざるようにていねいに練り合わせます。
作り置きする場合は、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。

このはちみつ軟膏をにきびや切り傷などの患部に塗ります。
肌が弱い人は、ガーゼの上から塗るとよいでしょう。
べたべたするので、塗った上から絆創膏などを貼るとよいかと思います。
この軟膏は、かさぶたに塗っても早くきれいに治す効果があります。

ちなみに、はちみつは白く濁るものほど純粋で、混ぜ物が入っていると結晶化しにくいため濁りません。
にきび薬を手作りする際は、ぜひ純粋なはちみつで作ってください。
| にきび 治療薬 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手作りのにきび薬 ハトムギ編
最近の健康ブームにより、ハトムギもすっかり定着してきています。
お茶にして飲んだり、ご飯に混ぜて食べることもできます。

もっとも効果があるとされるのが利尿作用で、むくみや関節に水が溜まる場合にも効果的です。
またいぼ取り作用があるのもよく知られていますが、ハトムギには強力なタンパク質分解酵素が含まれており、皮膚の老廃物や正常でない細胞を排除する働きがあるためです。
いぼ取りには、毎日のご飯に殻を取ったハトムギを一緒に混ぜて炊いて食べると効果があると言われます。
また炎症を鎮めたり痛みをやわらげる作用のある成分も含まれていたり、血液を浄化するはたらきもあります。
血液をきれいにして細胞の新陳代謝を促進するため、しみや肌荒れ、にきびをよくする効果が期待できます。

これら肌荒れやにきびにつけるための薬を家庭で作ることができます。
用意するものは、殻をとったハトムギ250gと日本酒720ml、そして密閉できる容器です。
作り方は、まずハトムギを水洗いしてざるに上げ、水気をきっておきます。
密閉容器に水気を切ったハトムギを入れ、日本酒を入れてふたをします。
冷蔵庫で1週間くらい漬け込んだあと、ハトムギを漉して取り除きます。
冷蔵庫で保存してください。

使い方は、洗顔後など肌を清潔にした状態で、この液をコットンにたっぷりしみ込ませて肌につけます。
有効成分がしみ込みやすいように、入浴後の毛穴が開いているときに使うとより効果的です。
| にきび 治療薬 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手作りのにきび薬 アロエ編
アロエは「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としてはもっともよく知られているのではないでしょうか。
内服薬としても外用薬としても薬効が多く、さまざまな病気やけがの治療に用いられています。

内服の効果としては、便秘、胃・十二指腸潰瘍に効果があります。
生のアロエで腹痛を起こしてしまう人は、乾燥させたり加熱させて使うとよいでしょう。
アロエの有効成分は熱にも強いので、煎じたり、乾燥させてもかなりの効果を得られます。

外用薬としては、やけどや切り傷、水虫、にきびなどに効果があります。
これはアロエに含まれるアロエチンという成分の強い抗菌作用によるもので、細菌の感染予防に役立ちます。
にきびなどの患部に塗ると、細菌の毒素を中和したり退治してくれます。
またこのアロエチンという成分は、がん細胞の活動性を抑える働きがあることもわかっています。

アロエを外用に使う場合はおもに生葉を利用します。
その際気をつけたいのが、アロエを水洗いしてから必ず熱湯をくぐらせて殺菌してから使うことです。
にきびや水虫に使う場合は、熱湯消毒したアロエの葉の皮をむいて、患部に汁をこすりつけます。
患部が乾いたら、アロエの汁を絞りながら何度も繰り返し塗ります。
アロエをすりおろしたものを水で2?3倍に薄めた液でマッサージすると、肌荒れにも効きます。

しかしアロエが万能薬で効き目も大きいとは言え、特に敏感肌の人は肌への刺激も気になることと思います。
様子を見ながら少しずつ試してみてください。
| にきび 治療薬 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
手作りのにきび薬 ドクダミ編
民間薬として有名なものに、ドクダミがあります。
ドクダミは北海道以外の日本全国に自生しており、刈り取って乾燥させて家庭で健康茶として飲用している人も多いことと思います。

ドクダミはハート型のかわいらしい葉の形をしていますが、それとはうらはらにかなり強烈なにおいを発します。
そのにおいのもとになっているデカノイドアルデヒドという成分が、薬効成分の一つとなっています。
この成分は強い抗菌力を持っています。
しかしこの成分は、乾燥させてしまうとにおいが弱まるのと同時に効力も弱まってしまうので、にきびやおできの治療には生のまま使う方が適しています。

にきびが化膿してしまったときには、ドクダミとユキノシタの絞り汁が効果的な薬となります。
ドクダミとユキノシタは、摘みたての新鮮なものを用意し、ていねいに水洗いするか熱湯をさっとかけて殺菌してから、別々にすりおろして絞り汁をとります。
そしてドクダミとユキノシタの絞り汁を同量ずつ混ぜ合わせたものを、ガーゼにしみ込ませてにきびの化膿した部分を湿布します。
ドクダミだけでも効果は得られますが、どちらにしても新鮮なものの方が抗菌力が強いので、できるだけ新しいもので作ってください。

また普段からにきびができやすい人は、ドクダミの煎じ汁をお茶代わりに飲むとにきびができにくい体質になります。
煎じ汁は、乾燥させたドクダミ15gを水600mlで沸かし、水が半分になるまで煎じます。
ドクダミは6月から8月の花が咲くころに刈り取って、水洗いしてから日干しで乾燥させてください。
| にきび 治療薬 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
にきびと生理の関係
多くの女性は経験したことのある「生理中の不快な症状」には、頭痛やイライラ、肌荒れなどさまざまな症状があります。
生理がくるとにきびができる、毎月それの繰り返し、という人もいるのではないでしょうか。

実は、女性ホルモンの周期と毛穴には深い関係があるのです。
生理が始まる前の14日間は、皮脂の分泌を過剰にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるため、肌がオイリー傾向になり、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなります。
そして生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、にきびが急に悪化したりするのです。
生理中ににきびが悪化するのは、免疫力が低下して細菌に感染しやすくなっているためでもあります。
生理が2日目になると、プロゲステロンの代わりにエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってきます。
エストロゲンは肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモンです。
そして生理開始から数えて7日目?14日目の間は、エストロゲンが上昇する時期で、肌の調子がもっともよい時期になります。
しかし排卵を迎えると、次の生理までの間またプロゲステロンが優位になり、肌がアブラっぽくなったりにきびができ始めたり、と毛穴まわりが騒々しくなってきます。

このように、女性ホルモンのリズムと肌、毛穴の変化はつねにリンクしているのです。
このサイクルを理解しておくことによって、毛穴ケアやにきび対策も行ないやすく、無駄に悩むこともなくなるでしょう。
| 生理前 にきび | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
毛穴の病気あれこれ
「きちんとセルフケアしているのに、全然にきびがよくならない…」そんな発疹があったら、もしかしたらそれはにきびではなく、別の病気かもしれません。
よく間違えられるのがおできで、額などの固い部分にできるものを「めんちょう」と呼ばれます。
にきびの悪化したひどいもの、とかん違いされがちですが、にきびとは別のもので、膿んで大きく赤く腫れあがり、触ると痛いのが特徴です。
原因は今のところ、わかっていません。
にきびと同様、もちろん自分でつぶしてはいけません。
1週間くらい経つと、自然に破裂して治まりますが、皮膚科で抗生物質を処方してもらってもよいでしょう。

他にも毛穴の病気はいろいろあります。
二の腕やフェイスラインに小さなブツブツが密集してできる「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」は、俗にさめ肌や鳥肌とも呼ばれます。
肌が乾燥しがちな秋から冬にかけてよく見られる症状です。
このブツブツは毛穴にでき、角栓も見られますが、年齢を重ねると症状が軽くなる傾向があります。
「汗管腫」は汗の穴にできる小さな水泡のような腫瘍です。
目の周りによく見られ、肌と同じ色か、やや褐色がかっています。
無理につめでほじくって取ろうとしてはいけません。
取り除くには、皮膚科での治療が必要です。
他には、「かみそり負け」もありますが、これは髭剃りやうぶ毛を剃る際にかみそりでついてしまった皮膚の小さな傷から、肌にもともとあったブドウ球菌が入り込み炎症を起こしてしまったものです。
かみそり負けは見た目に悪いだけでなく、ひりひりと痛みも伴います。
ジェルやフォームをつけずに直接剃ることをしなければ、予防することができます。

毛穴の病気、皮膚の病気にはセルフケアではどうにもならないものがありますので、気になったらまず皮膚科を受診してください。
| にきびについて | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
にきび痕について
みかんの皮のようにデコボコした肌、月面のクレーターのような大きなくぼみができてしまった肌、こんなにきび痕に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
にきびが悪化し炎症を起こしたあと、破裂して膿が出て、上手くいけばきれいになおりますが、下手をするとにきび痕となって残ってしまいます。

にきび痕とは、どのようにしてできるのでしょうか。
人間の皮膚は、傷ができても数日で治ってしまうように自分で治す力を持っています。
そのとき固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治してくれます。
毛穴にも同じことが起きていて、にきびが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まってきて開いた毛穴がそのまま固まってしまったのがにきび痕となります。
小さなにきび痕は単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまったく違うものです。
毛穴の開きならキュッと治すことができますが、にきび痕はそういうわけにはいきません。

しかし、にきび痕は赤ちゃんの肌のようにすべすべに治すことは不可能ですが、お金と時間をかけて徐々になめらかにする方法もあります。
ピーリングは、続けることで肌のデコボコがサイズダウンしてきますが、肌への刺激が強く危険が伴うので、必ずプロに施術してもらってください。
美容皮膚科での治療には、ダイアモンド粒子を肌に吹き付けて研磨しデコボコをなくすダイアモンドピーリングや、毛穴にコラーゲンなどを注入して見た目に肌を平らにする方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがあります。
こうした皮膚科での治療も、厳しい目で施術者を選ぶ必要があります。
大切な肌を託すわけですから、信頼のおけるドクターにお願いしたいものですね。
| にきび跡について | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |